誤記/誤植情報

近畿の中学入試シリーズ

近畿の中学入試 標準編 算数

解答解説

●14ページ左段 下から2行目 [2.数の性質 大問24]

下記の内容に訂正してください。

7で割った商が余り以下になる数を考える。7で割った商が1のとき,商が余り以下になるのは,8,9,10,11,12,13の6個。商が2のときは,16,17,18,19,20の5個。順に調べていくと,商が3のときは4個,商が4のときは3個,商が5のときは2個,商が6のときは1個。7から123までに,123-7+1=117(個)の整数があるので,求める個数は,117-(6+5+4+3+2+1)=117-21=96(個)

●同ページ右段 8行目 [2.数の性質 大問24]

(誤) 102 → (正) 96